翻訳家になるメリット

翻訳家になるメリット

英語にまつわる仕事の中では翻訳家というのは様々なメリットを抱えている職業だと思っています。

ここでは在宅翻訳アカデミーを受講して翻訳家になりたいと思っている人の為に、翻訳家になればどういったメリットを得られるのかというような事について、詳しく掘り下げていきたいと思います。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ

自分のペースで仕事をする事が出来る。

翻訳家という職業に“就業時間”という概念はありません。

つまり、自分の好きな時に、好きなように働く事が出来るという、なんとも理想的なワークスタイルをとる事が出来るという特徴があります。

空いた時間では自分の趣味などの好きな事の為に時間を割く事も出来ますし、副業として翻訳家としての活動をする事も出来ます。

収入も自分の都合に合わせられる

翻訳家として、翻訳会社と契約してしまえば、どんなにこちらが仕事を断ったとしても、仕事の依頼は絶えずきます。

なので、仕事量は自分でコントロールする事が出来るようになるのです。

翻訳会社からの案件を受けて仕事をするかどうかを決めるのはあなた次第という事です。

なので、副業としての取り組みから翻訳を始めてみて、これならば稼げる!と確信をしたら専門的に翻訳家としての仕事に取り組むというのも一つの考え方かもしれませんね。

英語力がなくてもOK

散々触れてきましたが、翻訳家という仕事には高い英語力は必要ありません。

翻訳家という仕事をする為に必要なものは、ある程度の英文を読み取る力と、それ以上に大切になってくるのが、翻訳の為の辞書の使い方であったり、翻訳ツールなどの使い方が重要になります。

つまり、高い英語力は必要とせず、これから翻訳家を目指してみたいという人であっても、そのノウハウさえ身につけてしまえば翻訳家という仕事は誰にでも出来る仕事ともいえるかもしれません。

英語にまつわる仕事という意味では英語講師や通訳などにくらべて圧倒的に難易度は低いものであると言えます。

圧倒的な需要の多さ

グローバル化の進む今の日本では、外国の商品が多数取り扱われています。

その為、翻訳家の需要というのは非常に高まっているという背景があります。

しかし、実際に翻訳家として活動する人というのは多くはないので、その需要に対して、圧倒的に供給が追い付いてないという現状となっているのです。

なのでこれから翻訳家として活動をする事になれば仕事の依頼は絶えず舞い込んでくるという事が考えられます。

また、翻訳業界の市場規模は2795億円とも言われており、年々増加している為、一度翻訳家になれば、一生稼ぎ続ける事が出来るようになると言えます。

在宅翻訳アカデミー公式HPへ TOPページを見る